G-XGDDVEL733 【ハーヴェステラ】体験プレイレポート!色彩豊かな世界で農業とバトルを楽しむファンタジー | ここLOG

【ハーヴェステラ】体験プレイレポート!色彩豊かな世界で農業とバトルを楽しむファンタジー

【ハーヴェステラ】体験プレイレポート!色彩豊かな世界で農業とバトルを楽しむファンタジーゲーム情報

本記事はファンタジー×生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』の体験版プレイレポートです。

無料体験版ではゲーム内時間で15日間、または第2章までを遊べます。私は13日目で体験版のクリア条件を満たしました。農業や探索を体験した感想など書いていきます。

公式サイトはこちら。
>>ハーヴェステラ HARVESTELLA | SQUARE ENIX

スポンサーリンク

ハーヴェステラとは

【2022年11月4日発売】『ハーヴェステラ』2ndトレーラー

『ハーヴェステラ』(HARVESTELLA)はスクウェア・エニックスより発売予定のファンタジー×生活シミュレーションRPGです。

自然豊かな村の外れに住むことになった主人公は、畑を耕して農作物を育て、生活を送ることになります。お金を貯めて購入・依頼することで畑は大きくなり、家畜の飼育が可能になったり、釣りや料理が楽しめるようになります。

本作には春・夏・秋・冬の四季と1日の時間経過があり、30日ごとに次の季節へと移り変わります。季節の変わり目には「死季」が発生し、死季の間は農作物が枯れ、交流も制限されます。

女主人公の見た目

▲主人公のキャラメイク画面。主人公の性別は男性、女性、ニュートラルから選べます。

物語の始まり

▲死季の真っ只中に村を訪れた主人公。記憶を失い、行き倒れていたところを助けられます。

命を枯らす死季とは何なのか?その謎を突き止めるため、主人公は旅路へ。冒険やバトル、仲間との出会いを繰り返しながら、世界の真実へと近づいていきます。

要するに農業と冒険(バトル)が楽しめるゲームということです。

キャッチコピーは「死季を生きるーー」。対応プラットフォームはNintendo SwitchとSteamです。

タイトルハーヴェステラ HARVESTELLA
メーカーSQUARE ENIX
発売日Switch:2022年11月4日(金)
Steam:2022年11月5日(土)
希望小売価格パッケージ版:7,680円(税込)
ダウンロード版:7,680円(税込)
CEROB

体験版プレイレポート

牧場要素

クワで畑を耕し、種を蒔いて水やりをし、日数経過で収穫→出荷。就寝時に清算され、翌日にお金を得るという、某牧場物語とほぼ同じルールで日々が過ぎていきます。

種を蒔く

作業にはスタミナを消費しますが、体験版ではこまめに料理を食べて回復しなければすぐ倒れるということはなく、ほとんどの農作業がスムーズでした。

ただ某牧場物語に慣れているので、道具の持ち替えと使用に関するボタン設定に戸惑いました。種を蒔こうとして、間違って料理を食べてしまったりね。慣れれば問題ないでしょう。

色彩豊かな世界

ハーヴェステラの世界-1

▲レーテの村。4つのシーズンライトの影響を受けているため、季節が4つあり、とても過ごしやすい街です。中央付近にそびえる巨大な青いオブジェはモノライトと呼ばれています。

ハーヴェステラの世界-2

▲主人公が流れ着いて間もなく、レーテの村に異変が起きます。夜の闇の中、モノライトが青白く輝いています。

ハーヴェステラの世界-3
ハーヴェステラの世界-4

▲燃えるような鮮やかな紅葉に彩られたヒガン渓谷。ハーヴェステラの世界では、木々が色鮮やかに発光していて、とても美しいです。

ハーヴェステラの世界-6

▲景色が色彩豊かで美しい一方、人物は輪郭がややぼんやり気味。世界観には馴染んでいます。

ハーヴェステラの世界-5

▲自宅がある周辺エリア。こちらは木々がエメラルド色に輝いています。先ほどのヒガン渓谷が「秋」なら、こちらは「夏」の色彩でしょうか。偶然にもケチャップオムレツのレシピを発見しました。

1日をどう過ごすかは自由

本作には時間経過があり、夜10時を過ぎると眠くなって行動が制限されます(真夜中になると倒れます)。

農作業に飼育に料理に交流に買い物、さらには探索と、やることは山ほどあり、効率よくやろうとすると、当然ながらシビアな時間管理を強いられます。

綿密に計画を立てて効率よく1日1日を進めるプレイを好む人には、このゲームはピッタリでしょう。

作物を収穫

反対に時間縛りが苦手という人には不向きかもしれません。しかしこのゲームは、1日をどう過ごすかはプレイヤーの自由というのが売りの1つです。

例えば10年20年を農作業にだけ費やしてもいいわけです。釣りだけして遊んでもいいのです(この場合、ストーリーは進みませんが)。体験版でも15日間を農業に当ててストーリーを進めないという遊び方ができます。

時間管理を強いる作業ゲーのようでいて、自由度は高そうだというのが正直な感想です。

戦闘アクション

体験版では2つの探索地(風の草原とヒガン渓谷)を冒険し、ファイターメイジという2つのジョブを遊ぶことが出来ます。メイジは物語途中で解放されます。

ジョブとスキル
ファイター最初から使えるジョブです。剣による斬撃で戦います。炎をまとう一撃や、広範囲の敵を切り裂く技を覚えます。
メイジ遠距離からの魔法攻撃ができる。物理攻撃に耐性のある敵に対して有効。魔法は発動に少し時間がかかります。敵の動きには注意が必要です。

ジョブは戦闘中に切り替え可能ですが、クールタイムがあります。

攻撃はYボタンで通常攻撃、ZRボタンを押しながらX/Y/A/Bボタンでスキルを発動します。最初はXボタンのスキルのみ使用できます。

敵を倒すと使用中のジョブのジョブポイント(JP)を獲得し、JPを消費してスキルボードのスキルを解放していきます。スキルはバトルで発動するものや、取得するだけで効果を発揮するものがあります。

体験版では、Yボタン連打とたまにスキル発動くらいしかできなくて、雑魚戦は単調に感じました。

ボス戦は一味違う

▲ボスには4種類の弱点属性が存在し、弱点属性で攻撃すると「ブレイクゲージ」が溜まっていきます。ブレイクゲージが溜まり切ると「ブレイク状態」になり、与えるダメージが増えます。隣接するブレイクゲージ2つをブレイクすると「ダブルブレイク状態」となり、さらに与ダメージが増えます。

ボス戦には料理を持ち込んで回復ごり押しで倒しました。

やりこみ要素

やりこみ要素の図鑑

やりこみ要素として図鑑埋めがあります。

やりこみ要素
料理素材0/198
種・苗0/36
クラフト0/64
料理素材0/167
収集0/78
0/58
エネミー5/57
FEAR※1/24
ボス

※FEARというのはダンジョンにいる強力な魔物のことです。紫色のオーラをまとい、こちらの気配に気づくと襲い掛かってきます。準備が不十分なうちは、よく観察して避けながら進むしかありません。

イマイチだった点

  • マップ移動時の時間経過が早すぎる
  • 手動セーブが転送装置からしかできない
  • レベルアップが就寝時
  • バトルが単調
  • 雑魚敵の中に一撃が重いやつがいる
  • 倒れると強制的に翌日の12時になる。お金も取られる
  • ストーリーをスキップできない

時間経過が早すぎるのと(静止中も時間経過します)、自由に手動セーブできない、ストーリーをスキップできない点は、個人的にマイナスでした。

雑魚敵が強いのは、こちらの準備不足のせいもあるので、農業やって施設の充実&装備強化を優先すれば良さそうです。そうなるとお金稼ぎゲーと化しますが、スローライフを謳い文句にしてるゲームってだいたいそうですよね。

ただ某サクナヒメと違って、作物の出来でステータスが強化されるわけではないので、レベル上げするなら、探索地に赴いてバトルをやるしかない感じです。

バトルは良くもなく悪くもなく。アクション目当てに始めるとちょっとガッカリかもしれません。

体験版のクリア時間

体験版クリアに5~6時間かかりました。

13日目で第2章をクリア。クリアタイムを長いと見るか短いと見るかは、その人次第。一度見たストーリーを飛ばせなくてモヤモヤしたものの、私には楽しくてあっという間の時間でした。

3回ほど探索途中に敵にやられて自宅に戻されました。翌日の行動は正午からになるので、倒れた翌日は探索を諦め、自宅周辺のエリア解放に当てました。

初期装備ではヒガン渓谷の奥にいる敵がきつく、途中の2~3日は農業でお金稼ぎし、武器強化に当てました。

飼育できる動物のトトカク

牧場の拡張は調理台のみ。家畜を飼育する余裕はなかったです。(とてもお金が足りない!)

評価とおすすめ度

  • 農業の操作性…★★★☆☆
  • 農業のやりがい…★★★★★
  • 戦闘の操作性…★★★★☆
  • バトルの爽快感…★★☆☆☆
  • ストーリー…★★★★☆
  • 世界観…★★★★★

※あくまで体験版に対する評価です。

某牧場物語が好きな人には、かなりお勧めしたいゲームです。農業要素が気に入ればハマれるでしょう。

ただし本編クリアにはかなりの時間を要することが想像できます。大作に注ぎ込む十分な時間を確保してから、手を出すことをおすすめします。

Switch向け体験版配信中

体験版の概要

Nintendo Switch向け無料体験版が配信中です。すでに書いた通り、体験版ではゲーム内時間で15日間、または第2章までを遊べます。

体験版のセーブデータは製品版へ引継ぎ可能です。

興味のある方は、是非、ニンテンドーeショップから体験版をダウンロードして遊んでみてください。

以上、『ハーヴェステラ』の体験版プレイレポートでした。


© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
「記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。」

ゲーム情報
スポンサーリンク

あつまれどうぶつの森(あつ森)を中心にswitchソフトのプレイ日記や攻略情報などを書いているマイペースブログです。【マイデザイン作者ID】MA-8488-8447-1881【夢番地】DA-9540-7975-7864

minatoをフォローする
YouTubeチャンネル

主にSwitchゲームの動画を投稿しています。気に入ればチャンネル登録お願いします!

ここLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました