【あつ森】レース柄を描く方法【簡単に仕上がる小ワザを紹介】

本記事は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)のマイデザインでレース柄を描く方法です。今作のマイデザインのドットは、近くの類似色とくっついたり離れたりする性質を持っているため、思い通りのレース柄を描くのはなかなか難しいのですが、今回は、逆にその性質を利用してみようかと。

くっついたり離れたりする性質を利用して、超簡単に自然なレース柄を描く小ワザを紹介します。

レース柄の簡単な描き方

レース柄マイデザインの仕上がりイメージ
▲仕上がったマイデザインを着せるとこんな感じ。帽子とワンピースの裾をレース風にしてみました。

まずはワンピースのレース柄の描き方から手順を解説していきます。

1マスおきに塗っていく

レース柄を描く手順1
画像のように、レースにしたい部分を、1マスおきに塗っていきます。

画面左のトルソーで、キャラに着せた時の仕上がりが確認できます。1マスずつ空けて塗ったのに、この時点ですでに一番上の1列がくっついて波線になっていますね。あつ森のマイデザインの仕様です。

間の横1列を異なるカラーで塗る

レース柄を描く手順1
使用したカラーよりやや濃い色を用意し、間の横1列を塗っていきます。トルソーを確認すると、下から2列のドットが離れて独立し、上の3列はくっついてしまいました。

さらにもう1列を異なるカラーで塗る

レース柄を描く手順3
くっついてしまった3列の真ん中を、今度はやや薄いカラーで塗ります。するとくっついていたドットが離れて、2つの波線になりました。トルソーを見ると、レースが重なっている風に近づいたと思います。

鮮やかさを変更してドットの動きを確認

鮮やかさを変更すると柄が変わる小技1
鮮やかさを変更すると柄が変わる小技2
使用したカラーの鮮やかさを上げたり下げたりすると、ドットがくっついたり離れたり面白い動きをするのを確認できます。

今回はレース柄に見えるようカラーを選びましたが、このドットの性質を利用すれば、もっと複雑で細かい柄の再現もできそうですよね。

完成したデザイン

レース柄キャミワンピ-正面
レース柄キャミワンピ-背面
完成!

この小ワザを使った描き方なら、誰でも簡単にレース柄風のデザインが描けます。おすすめです。

レースの帽子のデザイン

帽子のレース柄
レース部分の拡大
一見、分かりづらいですが、レースの柄を表す線には、2つのカラーを使用しています。(2色使ったからって劇的に仕上がりが良くなるわけじゃないけど。)

レース柄マイデザインの確認
キャラにカメラを寄せてもちゃんとレース柄に見えますね!

以上、マイデザインのドットの仕様を利用したレース柄の描き方でした。

グラデーションを描く方法なども解説しています。よければ見て行ってください。

スポンサーリンク