【あつ森】グラデーションを自然に描く方法【床や服の柄に】

本記事は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)のマイデザインで自然なグラデーションを描く方法です。使用するカラーは最小限に、違和感のないグラデーションを作っていきます。

基本を知っていれば、家の床や地面を描くときや、服の柄を描くときなどに利用できます。

自然なグラデーションを描く

グラデーションのマイデザイン(完成品) グラデーションのマイデザイン(アップ)
完成品を床に敷き詰めたものがこちら。違和感のないグラデーションが描けていると思います。

このマイデザインの描き方を、手順に沿って書いていきます。

カラーパレットを準備する

グラデーションのためのカラーパレット
ポイントは、基本に使うカラーから、「あざやかさ」を1つずつズラしたカラーを複数用意すること。

今回は最初に薄いピンクを用意し、鮮やかさを1つずつズラしながら、微妙に異なるピンクをパレットに登録していきました。

大きい筆で段々に塗っていく

グラデーションの描く手順1
用意したカラーの中の一番濃い色から薄い色へと、段々になるよう大きい筆でざっくりと塗っていきます。もちろん薄い色から濃い色へと塗ってもいいです。

5マスずつ塗るなど、マス目を揃えると出来上がりが綺麗になります。

細い筆で描きこんでいく

グラデーションの描く手順2
1つ明るいカラーの細い筆を使い、1マス飛ばしながら塗っていき、1列を作ります。

グラデーションの描く手順3
塗るマスをズラして、同じように2列目も描いていきます。

このようにカラーの境目をぼかすことで、自然なグラデーションへと仕上がります。

グラデーションの描く手順4
同じように描いていきます。

手順は以上です。この手順で作成したものが、最初に載せた画像のグラデーションになります。

服に使えるグラデーション例

グラデーションの応用
上で使用したカラーパレットと同じものを使い、服の柄に良さそうなグラデーションを作成しました。

実際に柄として使用したマイデザインがこちら。

2つのグラデーションを取り入れた服のデザイン
袖と裾に、異なるグラデーションを使用してます。なかなか綺麗に馴染んでいると思います。

以上、あつ森のマイデザインで自然なグラデーションを描く方法でした。

レース柄を描く方法も紹介しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事