【あつ森】釣り堀を作ろう【池と川の判定を操るポイント】

こんにちは!
今回は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)の島に釣り堀を作ってみたです。ただ見た目にこだわるだけじゃなく、その場所で池、川、川(崖上)のサカナ、さらにすぐ海岸に降りて海のサカナが釣れる環境になるよう工夫しました。

池と川のサカナの判定方法が分からないという人にもおすすめの内容です。

よければ続きをどうぞ!

釣り堀を作ろう

完成した釣り堀の北側
完成した釣り堀の南側
島の北側の2段目の崖の上。広いスペースを使い、縦4マス(奥のは縦3マス)×横4マスの水たまりを並べて釣り堀を作りました。通路は2~3マス使って、アイテムを置いても歩きやすいよう導線を確保しています。

2つの水たまりはどちらも見た目は「池」ですが、手前の判定は「川」となっています。北側からはしごで降りればすぐ海なので、この釣り堀だけで、池、川、川(崖上)、海のサカナが釣れるようになりました。

ポイント!3マス×3マス以上の池で魚が出現

サカナが出現するためには、3×3マス以上の広さの池が必要です。手持ちのサカナを逃がすだけなら2×2マス以上の池でOKです。

池と川の判定を操るコツ

川と池の判定を操るコツ
奥の水たまりは池判定。手前は滝と繋がっているため川判定。1マスでも池と滝がつながっていると川判定になります。

池か川か見極める方法

池判定
川判定

釣り竿をたらしてみて、周囲に丸い波紋が出て動かなければ池浮きが流れれば川です。

スペースの関係で池が1つしか作れないときは、隣に崖を作って滝を作り、即席の川にするとが手っ取り早いですね。

(稀に川のはずなのに池判定に変わってしまうバグのような現象があります。その時はソフトを再起動するなどして判定をリセットしましょう。)

島の中に水場が多いと、釣り堀になかなかサカナが出現しないので、釣り堀だけで釣りたい時は他の水場をある程度なくすか、まきえを用意して集中して釣るといいです。

なお、海(桟橋)のサカナは桟橋でしか釣れないので注意。

釣り場に見せる工夫

釣り場に見せるための工夫1
釣り場に見せるための工夫2 釣り場に見せるための工夫3
ノームのおきもの、なじみのあるちょうこくと釣り竿を並べて、釣り人に見立てました。これだけでだいぶ釣り場の雰囲気が出ます。(フレンドと釣りを楽しむ時は、邪魔なので片づけた方がいいでしょう。)

また、実際に釣ったサカナを飾ったり、川・海を連想させるアイテム、釣り場の看板を設置するのもおすすめです。

釣り堀に見せるために使用したアイテム

名称入手方法
つりざおDIYなど
ナナメのみちしるべDIY+リメイク
ノームのおきものお店など
ビニールチェアお店など
クーラーボックスお店など
うきわお店など
ロッドスタンド釣り大会
イカすクーラーボックス釣り大会
いかりのオブジェ釣り大会
なじみのあるちょうこくいなりマーケット

以上のアイテムを置くと釣り堀らしくなります。周りを柵で囲み、花や低木をふんだんに使うと、自然あふれる釣り堀に。

緑がもっと欲しかったので、みどりのおちばや、ゴールドクレストも置いてます。崖の上も手を抜かずに飾るといいです。

以上、池、川、川(崖上)のサカナが釣れてさらに海にもすぐ行ける釣り堀を作った話でした。

特殊な池の形を作るならおすすめはこちら。

池や崖を作るための島クリエイターのテクニック解説はこちら。

スポンサーリンク