【あつ森】南国風!ヤシの木の並木道を作る方法

【あつ森】南国風!ヤシの木の並木道を作る方法島クリエイト

本記事は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)の島クリエイターを使って、島の中に南国風ヤシの木の並木道を作る方法です。島クリエイターを使うとヤシの木を島の中に植え替えられる小ネタを使い、南国風の明るい通りを作ってきました。

とても簡単です。よければ続きをどうぞ!

スポンサーリンク

南国風のヤシの並木

ヤシの木の並木道
ヤシの木の並木を作り、柵で囲んで、間にオレンジのアネモネを植えました。今回は横並びに作りましたが、縦の並木に作るのもおすすめです。

作成に必要なもの

  • 島クリエイターの砂の道
  • 並木+道のスペース
  • スコップ
  • ヤシの木
  • 好みの柵
  • 木の間に植える花または低木

島クリエイターの砂の道スコップは必須です。

作り方

ヤシの木の並木を作る手順1
スペースを確保したら、ヤシの木を植える場所に「砂の道」を敷きます。通常、島の中にヤシの木を植えることはできませんが、砂の道を使うことで、ヤシの木を移せるようになります。

ヤシの木の並木を作る手順2
砂の道をスコップで掘ります。穴を用意しないと、ヤシの木を植えられないので、必ずスコップを使用してください。

ヤシの木の並木を作る手順3
掘った穴にヤシの木を植えていきます。1マス間隔に植えると密集しすぎて窮屈に見えるので、画像のように、2マスおきがおすすめ。

ヤシの木の並木を作る手順4
花を植えて柵で囲むと、並木の片側になります。

窮屈さを感じないよう、道路は2マス以上の幅を確保し、もう片側の並木を作ればヤシの木の並木道の完成です。

ヤシの並木の別パターン
▲木の間には、花ではなく、低木を使うのもおすすめ。

並木以外にも、3マス以上の幅がある場所なら、1本からヤシの木を植えて、通常のフルーツの木にはない趣きを楽しむことができます。

以上、南国風ヤシの木の並木道の作り方でした。

この他、島クリエイターのテクニック・小ネタは、こちらの記事で紹介しています。

【あつ森】島クリエイターのコツ解説!島作りを自在にするテクニック
本記事は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)の島クリエイターのテクニック紹介です。道路工事、河川工事、崖工事の基本のやり方から、景観づくりに役立つ応用技・テクニッ...

コメント

  1. あつ森は現実の世界ようする同じ
    時間。見守り反対だと思います。

    • 本当にそうですよね~www

  2. 見守りって何ですか?

  3. 親が見守ることかな?

  4. オレンジ島、ピーチ島が全く出ません。むしろ竹島のほうが出ます。

    • >フルーツコンプしたいさん
      離島で入出できる果物は、特産品フルーツとヤシの実、特産以外のフルーツ1種のみです!おそらくオレンジとピーチは離島では入手できない種類なのだと思います

    • 私の島の特産品はさくらんぼで、離島に行った時にオレンジとももは出ました。
      1種類だけではないと思います。

    • >K&Aさん
      攻略本には、離島では特産以外のフルーツを1種類手に入れられると書いてあります。ちなみに私は林檎が特産品で、離島フルーツは桃です。
      母の手紙からも、フルーツを1種入手できます。私はさくらんぼでした

  5. 間違ってたかもしれません…

  6. 分かりました。通信で集めます。ありがとうございました。

  7. 私の島 砂の道をひいてもヤシの木が植えられないんですけど、どーしてでしょうかなんでなんだろ…

    • >匿名さん
      1.崖などから1マス以上離れた場所に砂の道を作る
      2.スコップを手に持つ
      3.穴を掘る
      4.ヤシの実を植える

      これで植えられるはずです。必ずスコップが必要です!

タイトルとURLをコピーしました