【リトルナイトメア2】クリア後のネタバレ考察

今回は「リトルナイトメア2」(LITTLE NIGHTMARES II)のクリア後のネタバレ考察です。ストーリーをクリアし、真エンディングまで見ているのを前提に、考察・解説を書いていきます。

ネタバレを見たくない人はこのページを閉じてください。

よければ続きをどうぞ!

リトルナイトメア2の考察

ループする世界

チャプター1、シックスが最初にとらわれていた部屋には、回数を数えている跡と、電波塔の落書きがあります。シックスがいる森林は電波塔の場所から遥か遠くにあるのに、シックスは電波塔を知っていました。

ループする世界を示唆する落書き
これはすでに何度も電波塔に行ったことがあり、その度に失敗して、最初からやり直しているためと考えられます。ループした回数を、数えていたのです。

少年モノの正体

エンディングでは、目玉がたくさんある不気味な空間に取り残されたモノが、椅子に辿り着き、その上で長い年月をかけてノッポ男になっていく様子が描かれています。

少年モノがノッポ男に成長

モノ≒ノッポ男というのは間違いないですが、ノッポ男がシックスを狙う動機についてはいくつか説があります。

唯一の友達に対する執着

裏切られた理由が分からず、唯一の友人だからと執着します。少年モノとノッポ男でシックスを奪い合いあった結果、どちらも見捨てられます。

裏切られた復讐心

ノッポ男は裏切ったシックスへの恨みを忘れず、復讐しようします。または同じことが起きないよう2人を引き裂こうとします。この場合、少年モノはノッポ男の正体を知らず、シックスを守ろうとする構図です。

複数いるノッポ男の中の1人

ノッポ男は複数存在し、少年モノがその中の1人を倒したため、次のノッポ男のなった説です。思考や感情はなく、怪電波に操られてシックスを狙います。

オルゴールの意味

オルゴールはシックスにとって「安らぎ」であり「狂気を抑えてくれる」アイテムだったのではないか。

チャプター1にあったオルゴール チャプター5に出てきたオルゴール
▲チャプター1とチャプター5に出てきたオルゴール。

オルゴールの音色で逃げることをやめてしまうので、オルゴールを与えて閉じ込めようとしたのかもしれません。

オルゴールを壊されそうになった時、シックスは恐ろしく暴力的になってモノを襲いました。シックスの中にある狂気の片鱗が垣間見えるシーンかと思います。

モノにとっては、逃げる邪魔になるため、破壊したという感じですね。

シックスが裏切った理由

シックスが裏切る瞬間
いくつかの要因が重なっていると思われます。

  • 【恨み】最初にノッポ男にさらわれそうになった時、手を伸ばしたのに、モノは助けようとしませんでした。
  • 【怒り】大事にしているオルゴールを徹底的に破壊されてしまいました。安らぎを失いました。
  • 【疑惑】紙袋を取ったモノの顔を見て、ループの原因のノッポ男だと気付いたのです。一緒にいる限り怪電波からは逃れられないと悟ったのかもしれません。

先にも書いたように、オルゴールが安らぎを与える存在だったのなら、それによって緩和されていた狂気が、破壊後、表に出てきたのだとも考えられます。

真エンディングの意味

条件を満たしてクリアすると、エンディングの最後に重大なシーンが追加されます。

真エンディングに隠された意味

前作である「リトルナイトメア」を示唆するチラシが落ちています。これにより、今作がリトルナイトメアの過去に当たる物語だと分かります。

もう1つ重要なのが、シックスの影の中に黒々とした姿が現れることです。この黒々とした部分はシックスの狂気で、モノを見捨てたことでより増大したのではないかと見ています。さらに、モノのファントムを飲み込むような描写が、シックスの暴食のキッカケのようにも見えます。

ノッポ男の最期

ノッポ男の運命は
ノッポ男はリトルナイトメアに登場した首吊り男になったという説が有力です。

ノッポ男が首つり男と言われている理由
▲リトルナイトメアの首つり男の部屋です。ゲーム開始後、5分で辿り着けます。気になる方は前作を引っ張り出して(または買って)確認してみてください。

足の長さ、靴の形がノッポ男に酷似しています。さらに、首つり男の真下にある椅子が、リトルナイトメア2のラストでモノが座っていた椅子にそっくりです。

シックスが電波塔を去ってループが止まり、少年モノが現れなくなった(助けが来なくなった)絶望から、ノッポ男は自殺してしまったという意見が多いですが、自殺だとしたら椅子が倒れていないのは不自然です。

また、ノッポ男はどうやって電波塔からモウにやって来たのかという疑問が残ります。

もしかしたら、あの目玉がたくさんある異空間が変形を続けてモウになった…リトルナイトメア2の舞台自体が、モウの過去の姿だったという見方もできそうです。

以上、「リトルナイトメア2」(LITTLE NIGHTMARES II)のクリア後のネタバレ考察でした。

真エンディング・隠しエンディングの開放条件はこちらで確認できます。

※本文を転載しないでください。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    ただの決めつけじゃん…
    考察でも何でもない

    • 匿名 より:

      それが考察でしょ笑笑

    • 匿名 より:

      考察って自分の考えだよw

      • 匿名 より:

        考察とは判断材料から客観的かつ論理的な視点で自分の知見を述べること。客観性や論理に乏しいこの記事は考察に足りえないと考える。
        因みに君の言う「自分の考え」を述べるだけでは考察ではなく推測や想像で止まってしまう。
        たぶんこの記事の筆者も君みたいに考察の意味を知らず、自分の推測をまとめてしまったのだろうな。

        • A より:

          推測や想像?文章で説明されてる部分はゲーム内に無いので、根拠自体は状況証拠のみになるのは確定ですよね。
          つまりこのゲームは考察不可能って事が言いたいのでしょうか?ではそこをまず指摘すべきだと思いますよ。
          後は考察ってのは「物事を明らかにするためによく考え調べること」です。
          ゲーム内の映像などを調べて考えてる時点で考察の要件を満たしています。
          貴方自身がまず単語の意味を調べた方がよろしいですよ。単語は広義の意味を持つ場合があります。
          後もう一つ、言葉の選び方が失礼ですよ。意味を間違えてるだけなら良いんですけどその上で失礼だったら救いようがありません。

          • 匿名 より:

            なんでコメント欄荒れているの?
            特に最後の人とか慇懃無礼にしか見えないから、変に当たりにいくような書き方はやめたほうがいいよ

    • 匿名 より:

      他のプレイヤーたちの考察のまとめになりますね。
      身体の中説(1は胃袋、2は脳など)を記述してないのは情報遅れか、この説は違うという考えかな。

    • 匿名 より:

      考察の意味も分かんねぇ癖に偉そうにコメントしてんじゃねぇよ

      • 匿名 より:

        いやいやそっちのほうが偉そうだし、考察は人の自由!
        自分みたいに楽しんでる人もいるんだから、そういうのわざわざ言うの良くないと思います
        嫌なら見なければいいと自分は思います

      • 匿名 より:

        考察の意味知ってても大した文章書けなさそうやね

    • 匿名 より:

      いやいや君は違うこと書けるのかな?

    • 匿名 より:

      考察というものを知らない人の末路

    • 匿名 より:

      馬鹿すぎて草

    • 頭皮ベイビー より:

      そりゃあ製作者でないと正解は解るまいww
      まず自分の考えを述べてから反論しなベイビーちゃんwww
      あくまでも考察、いろんな方々の考えを見て聞いて、自分の中で点を線に出来たらいいじゃないのwww
      考察の意味を知らなくて話にならなぁいw

    • 匿名 より:

      え、じゃあ考察ってなんなの????
      決めつけじゃない考察って何??

    • 匿名 より:

      決めつけが考察なんですけどww

      • 匿名 より:

        別に日本語のテストしてるわけじゃないんだから、
        考察=自分の考えって置き換えてこのサイト読めばよくない??
        むしろそのまんまの言葉の意味でしか捉えられないって国語力はあってもコミュニケーション能力に難があるから人と関わる仕事しない方がいいよ

    • 匿名 より:

      どこにでも素直に人を認めらなれない馬鹿で愚かな人間っているんですね…

    • 匿名 より:

      大丈夫?

    • 匿名 より より:

      それな

    • 匿名 より:

      考察の意味知らなそうやば。

  2. 匿名 より:

    こうやって恥ずかしい目に合うからまず考察って言葉調べてから書き込もうな

  3. 匿名 より:

    笑える

  4. 匿名 より:

    1のDLCの最後が、テレビの中にノッポ男が現れて終わるのが謎たわわ

  5. 匿名 より:

    7つの大罪とか?
    虚栄、嫉妬、怒り、悲嘆、強欲、腹の貪食、淫蕩

    モノが1、シックスが6?
    一応、1の関連の生き物…獅子、孔雀、梟、蝙蝠、ペンギン
    6の関連の生き物…豚、虎、リス、鰐、蝿

    • minato より:

      >匿名さん
      こんにちは!七つの大罪はシックスの暴食は納得ですがモノに関しては今は何とも言えないです
      次回作でそのあたりもハッキリするといいですね

  6. 匿名 より:

    シックスは1ではだんだん凶暴になっていったので今作のシックスはただの人で過去作では魔女みたいな立ち位置に変わってます
    この過程はモノとモウが影響して人外に至った経緯がある
    黒い影のシックス=モノ+モウの力

    • minato より:

      >匿名さん
      こんばんは。それは確かにあると思います。オルゴールが破壊された影響もかなり大きいんじゃないでしょうか

  7. 匿名 より:

    自分も7つの大罪を連想しました。シックスは6番目の暴食で、モノは1つという意味で1番目の傲慢かな?ふと思いついた程度のことですが。あと5作出るなら嬉しいですね。笑

    • minato より:

      >匿名さん
      モノ(mono)が数字の1でシックスが6で、2人を足すと聖なる数字「7」になる...でもオルゴールが破壊されてシックスはモノを裏切って不完全な数字のまま外に出てしまう
      この説のmono=1という考えは納得できるのですがモノが七つの大罪の「傲慢」に当たるかというと、そこがちょっと腑に落ちません

      • 匿名 より:

        例えば、シックスが自分(モノ)のことを信じていると「おごって」いて、手を強引に繋いだりして助けて「あげよう」とする…という風に考えればモノが七つの大罪の傲慢であることも納得できます

      • 匿名 より:

        例えば、シックスが自分(モノ)のことを信じていると勝手に「おごって」、強引に手を繋いだりして助けて「あげよう」とする…という風に考えればモノが七つの大罪の傲慢であることも納得できます

  8. 匿名 より:

    フィクションに対する考察で常に厄介なのが「作者さん多分そこまで考えてないよ」問題
    ノッポ男が自殺なら椅子が倒れてないのは不自然というのは一見もっともな意見なのですが、当時はあの首吊り死体自体謎解きのついでに用意された演出の一環だと思われるので、多分制作チームも椅子が倒れてないことの不自然さについては深く考えてない気がするんですよね(というか椅子倒れてたらあそこの謎解き自体詰んでしまう)
    わざわざ手紙が落ちてる描写はされてるので、制作チームとしては普通に自殺として描いてるんだと思います

    でもやっぱり自殺と見せかけて実は……という展開だったら色々と妄想が膨らんで面白いですよね
    あと目玉だらけの異空間が変形してモウになった説もわりと好きです笑

    • minato より:

      >匿名さん
      作者はそこまで考えてない問題、本当に「それな」だと思います。妄想を膨らませつつ答え合わせできる日を楽しみに待ちます

  9. 匿名 より:

    シックスは既に狂気の素養があるように見えたな(元々、誰しも持っている物ではあるだろうけど)
    TV空間に囚われたことでより増幅されたんだろうなとは思う
    最後に手を放したのは、初見ではやっぱこいつヤベェなwって思ったけど、モノくんも状況が状況とは言え同じことやってたか

    舞台に関しては、あの街はモウの一部って感じに思ってます
    先生の首から逃げる所の建物の間に船(や工業的なパイプ)に使われるようなボルト?が使われてたのが個人的に引っかかってる

    自分も前作の流れで七つの大罪の虚栄・高慢に当たるかなと思ってたけど、しっくりくる描写が見当たりませんよね
    今の所は、「お前、主人公だと勘違いしてんだろ?」というメタ的な傲慢さがテーマかなとか、無理やり結論づけてますw
    だから、最後のアレも「勝手に助けたつもりで、ヒーロー面してんじゃねぇぞ」って言われてるような感じを受けました
    シックスらしいなって思ったりもしないではないw

  10. しゅう より:

    リトルナイトメア2プレイしててシックスお前はいいやつだとおったら落とされてはぁぁぁてなった

    • 匿名ちゃん より:

      モノはシックスと手を繋いでいるときシックスを引きずっている、強引だなと感じたからやっぱり七つの大罪の傲慢で正しいような気がします…(・∀・)
      一番初めわざわざシックスをドアをぶち破ってでも助けた、連れ出した。シックスが拒否をしていても。シックスが怪物になった時もオルゴールを壊してまでもシックスを連れて行きたかった所を見るとやっぱり傲慢?
      全く別の話になりますが、リトルナイトメア2でレディの部屋と言われている隠し部屋があってポストに溢れるほどの手紙が入っていて首吊り男の足元にあるのとおんなじなのを見ると成長したシックス「レディ」に成長したモノ「シンマン」が手紙を贈り続けていたのではないかな、と感じました…ストーカー?ww

  11. 匿名 より:

    個人的な考察ですが、ノッポ男が電波塔の「管理人」的な役割だったと思うのですがどうでしょうか。
    テレビから出てきたのは次の管理人を探すためでシックスが化け物にされていたのは、「管理人」の役割を
    シックスに引き継いでもらっていたというものです。
    電波塔には、「管理人」が必要で「管理人」が居なくなった電波塔は、あのままモノと逃げても無駄だと考え
    モノを生贄に逃げたのではないかと。
    もしよければどなたかご指摘等、お考えをお聞かせいただけないでしょうか。

    • 匿名 より:

      横から失礼します。

      ノッポ男(シンマン)は何故、シックスを選んだのか。
      ノッポ男が「管理人」としてテレビを通り抜けられる能力を持っているとしたら、何故、選ばれなかったモノはテレビを通り抜ける事ができるのか。
      と言う疑問が浮かびました。
      まぁ、「としたら」と仮定してしまっている時点でイチャモンみたいな疑問ですけどね…

      ここからは個人的な考察というか、ただ単純に思ったことですが、
      ノッポ男の世界(電波塔の内部?)では物や空間が歪んでいる。
      モノ=ノッポ男とするとどちらもシックスに「固執」している。
      隠し要素の黒い影(ファントム)は怯えていたり、何かを踏んづけると言った行動を繰り返している。シックス含めファントムになると、それになる前の印象的な「記憶」を繰り返している。シックスの場合はオルゴールを鳴らしていた。
      そして、この3つを合わせるとダリの「記憶の固執」と関係があるのではないか
      と半ば強引ですが思いました。

      • 匿名 より:

        返信ありがとうございます。
        「テレビを通り抜けられる能力」についてですが、モノ個人のものではなく「管理人」としてのもの→電波塔の影響であるもの(電波とか。使っていないテレビなども割れていたので。)
        かと思ってましたが、確かにモノがシックスの様に連れ去られる形の受動的な移動ではなく、自分から画面に触れて移動する能動的なものであったので、やはりモノとノッポ男(シンマン)が同一人物である線が強そうですね(笑)。
        シックスが化け物にされた理由は電波塔が、ファントム(ファントム=化け物 で正しいですかね)を生産する場所だったりするのでしょうか?→シンマン(ノッポでスーツを着た男性)や首が伸びる女(教師?)など子供が怖いと思いそうなもの(シックスは怖い要素ないですけど)がファントムにされていたのでそうなのかなと。

        「記憶の固執」についてですが、首女や天井男もファントム以前の仕事を続けてやっているので印象的な「記憶」を繰り返しているというのは納得できました。(ごめんなさい絵画には疎くて「記憶の固執」に込められた思想などは深く知りません)

        • 匿名 より:

          返信ありがとうございます。
          補足として
          ファントムとは、今作のやり込み要素で真エンディングを見るために全て集つめる必要のある「子供の影」のことで作中の描写を見る限り、シンマンに捕まった時に出現するようです。
          マップ事にボスとして現れる猟師や女性教師、巨漢医師などについて、個人的には森〜電波塔へと電波塔に近づくほどに体の変化が大きくなっていることから、電波塔から発せられる電波やテレビが身体や思考を変化させるのではないかと思いました。
          そして「記憶の固執」について
          私自身も聞きかじった程度のものですが、「記憶の固執」を含めダリの作品にはダリ自身の幼少期の体験や故郷での思い出が多く描かれています。「記憶の固執」は、ダリの故郷の風景やダリ作品において死や恐怖の象徴とされる虫(幼少期にコウモリが虫に集られ死んでいたという体験から)や「硬い物と柔らかい物」というダリの思想を表した歪んだ(柔らかい)時計、ダリの肖像画とされる中央に描かれた眠っているような怪物などまさに、ダリ自身の「記憶」に「固執」した作品だと思われます。
          長文失礼しました。

  12. より:

    実況者キヨさんのコメント欄に一言一句間違いなくこのブログの本文が転載されていましたが、ご本人でしょうか?

    • minato より:

      >あ さん
      とりあえず私ではないです。転載した人のアカウントを探します
      お知らせありがとうございます

  13. amesan より:

    『現実/二人の間』:オルゴールを壊したことでシックスとの友情に亀裂が入った。(過去は変えられなかった。)
    『テレビ/自分の過去』:過ちとなった道(ルート)から自分(モノ)を探り当て二人を連れ出そうとしたが何度も振り切られ失敗しループする。テレビ内を行き来する異常な数と吊るされたテレビの量が物語る。
    『その他/考え』ループしてナイトメア1に続けるには自分はこんな考察になった。大人や人に対する反逆のトリガーになった作品だと思われる。ノッポ男が途中で干渉しなかったのはシックスを救うまでは当ってたルートか家電復旧する前だったからなのかな?

  14. 匿名 より:

    織田裕二は、阿部寛だったんだ……

  15. いろんな考えがあっていい より:

    モノを大罪の傲慢とするなら、シックスを独占したいということしか無いと思う。独占欲から抜け出さない限り、モノは死ぬことができない?若しくはまたシックスに会うためにループしてる。他にも大罪はあって時系列的に1のストーリーは6番目、あと5作品続き、シリーズ最終作で1の続きがみれると予想してみる。今作ではプレイヤーにこの敵は倒してもいいという大義が与えられるが、過剰防衛な世の中に向けて許すということを試してる気がする。

  16. 匿名 より:

    考察警察出動してて草

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください