【あつ森】傘のマイデザインのかき方とコツ

今回は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)傘のマイデザインの描き方とコツです。2021年3月18日(木)無料アップデートにて、マイデザインを拡張する「マイデザインPROエディタ+」の機能が追加されました。

傘のマイデザインをより楽しむため、柄を描くコツをまとめていきます。

よければ続きをどうぞ!

傘のデザインについて

傘をかく時は、「マイデザインPRO」→「使い道」→「傘」と選択します。傘には傘専用の型紙が用意されていますが、画面の見方、パレットや道具ツールの使い方は、通常のマイデザインと同じです、

使い道に傘がない場合は、こちらを確認してください。

傘の型紙

傘の型紙
以上が傘の型紙です。各辺が32マスの正六角形

真っ白な生地だと分かりにくいですが、全体を濃い色で塗りつぶすと、傘の骨の形状を表す白い線が分かります。

塗りつぶしには、Xボタンの道具の中にある「すべて塗りつぶし」ツールを使います。

傘の骨の部分
濃い色で塗りつぶすと、傘の骨の位置がはっきり分かります。この骨に沿って線を引き、色を変えるだけで傘として十分に通用するデザインになりますよ。

傘の骨に沿って色を変えたデザイン
マイデザインの仕様上、斜めの直線を綺麗に引くのは難しいので、ある程度、妥協しながら描くのがおすすめです。

ちなみに型紙の外側(色が薄い部分)は傘の形状の外に当たるので、柄を描きこんでも反映しません。

また、傘のデザインに透過マスはありません。

柄を描くコツ

ライン

ラインの柄
型紙の4~5マス内側に、単純なラインを引いたデザインです。道具の中のラインツールを使うと、簡単に線が引けます。

花柄

花柄をかく-1
花柄をかく-2
柄をかくときに最も気を付けたいのは、骨で区切ったそれぞれの面を、正面から見ているようにデザインしていくことです。

柄をかくコツ
現実で絵を描くときは、キャンパスそのものを回して書けばいいですが、あつ森はそうもいかないので、画面左のレビューを回転させて確認しながら(想像力も駆使して)、描きこんでいきます。

今回は簡単な花柄なので、ZRボタンでミラーモードにし、左右対称になるよう描いていきました。

花柄をかく-3
全ての面に花柄を描き終わると完成です。傘のてっぺん部分にも簡単に描きこみました。

柄をかく範囲のおすすめ
柄を描きこむ範囲ですが、傘の一番外側から12~13マスまでの範囲に収まるよう描きこんでいくと、仕上がりが綺麗です。

ぐるぐる

ぐるぐるのデザイン
天辺から外に向かってグルグルしているデザイン。

以上、「あつまれどうぶつの森」(あつ森)の傘のマイデザイン描き方とコツでした。

顔出し看板の面白いアイディアも紹介しています。

スポンサーリンク