【モンハンライズ】壁や崖を登る・走る方法

今回は「モンスターハンターライズ」で壁や崖を登る・走る方法です。本作からの新要素を使って、高い崖に登ったり、壁を横に走ったり機動力の高いアクションを行えます。初心者さん向けにやり方をまとめていきます。

※記載しているのは初期設定での操作方法です。操作方法はオプションから変更できます。

よければ続きをどうぞ!

モンハンライズの攻略メニュー
操竜(そうりゅう)崖登り・壁走り
オトモガルクの操作女性のキャラメイク
手記の場所サブキャンプの場所

壁や崖を登る

翔蟲とRボタンを使う

高い壁や崖に向かって走るだけでは壁を登ることはできません。翔蟲(かけりむし)という、カムラの里のハンターが用いる基本技術を行うことで、壁を登れるようになります。

高い壁や崖を登るやり方
1壁や崖に向かって、ZLボタンを押しながらXボタン(上方)、Aボタン(前方)、ZRボタン(標的)のいずれかで疾翔けを行う
2壁を走り出したらRボタンを押しっぱなしにする。スタミナを消費して走り続ける
3ハンターが壁から離れたら再びZLボタンを押しながらいずれかのボタンで疾翔けする
4Rボタンで壁走りを再開する

壁や崖に向かって疾翔けする
Rボタン押しっぱなしで壁走りで登る
ZLボタンを押しながらX、A、ZRボタンのいずれかで、翔蟲を使った疾翔け(はやがけ)アクションを行います。壁に向かって疾翔けすると、壁走りへと移行し、Rボタンでスタミナを消費しながら走り続けます。

壁走りを繰り返して高い山も登る
スタミナが切れるとハンターは壁を蹴ってジャンプしますが、その際に、再び壁に向かって疾翔けを行うと、壁走りを再開してより高い場所へ登ることができます。

壁登りの注意点

疾翔けは翔蟲ゲージを1つ消費して行います。ゲージが0の時はできません。ゲージは時間経過で回復します。

また、水が流れていたり、氷で覆われているなど、他と異なる地形では、壁走りができない場合があります。

オトモガルクに乗ったまま登る

オオカミの乗ったまま高い段差へ登る
平屋の屋根くらいの高さなら、オトモガルクに乗ったままジャンプで登ることができます。やり方はオトモガルクに乗った状態で段差に向かってZRボタンです。Rボタン(ダッシュ)を押しながらZRボタン(ジャンプ)で、素早い移動ができます。

オトモガルクの乗り方と操作方法はこちらで確認。

ガルクのジャンプ力で届かない場所に登りたい時は、先に紹介した翔蟲を使った壁走りを行います。

大翔蟲で大ジャンプする

勾玉草を見つける 大翔蟲を設置する
フィールドでは「勾玉草」という特殊な植物が見つかることがあります。この勾玉草を調べると、里でもらった「大翔蟲」を設置して、Aボタンで特定の方向へと大ジャンプします。

大翔蟲の所持数はアイテムポーチで確認します。時には1匹も所持していないことがあり、その時は勾玉草を見つけても設置できません。

初めから大翔蟲がいる勾玉草もあります。

ボタン操作なしで登る

ハンターの背丈くらいの低い段差や、ツタがある崖は、ボタン操作なしでそのまま登ることができます。

ツタはボタン操作なしで登れる
▲ツタはオトモガルクに乗った状態でも登れます。Rボタン長押しでスタミナを消費し、素早く登ります。

壁を横に走る

やり方は崖登りと同じです。

壁を横に走るやり方
1壁や崖に向かってZLボタンを押しながらX(上方)、A(前方)、ZR(照準)ボタンのいずれかで疾翔けする
2Rボタンを押しっぱなしにし、走りたい方向へLスティックを倒す

翔蟲を使って疾翔け→壁走りで任意の方向へ走り出します。疾翔けには翔蟲ゲージが消費され、壁走りにはスタミナを消費します。

スタミナが0になると壁を蹴って離れますが、再び壁に向かってZLボタンを押しながらX、A、ZRボタンのいずれかで、壁走りを再開できます。

以上、「モンスターハンターライズ」で壁や崖を登る・走る方法でした。


本記事に使用しているゲーム画像や著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク