【サクナヒメ】米作りの攻略解説

こんにちは!
今回は「天穂のサクナヒメ」の米作りの攻略解説です。品質の良いお米を作ると、その結果に応じてサクナヒメが成長していきます。

より良いお米を作るための情報、お米をつくるための田植期、育成期、収穫期、それぞれの作業を分かりやすくまとめていきます。

よければ続きをどうぞ!

公式サイトはこちら
https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

サクナヒメの米作りとは

サクナヒメの米作り完了画面
天穂のサクナヒメの稲作は、大きく分けて田植期育成期収穫期の3期に分類され、春夏秋冬を巡る季節の中でお米を育てていくことになります。

米作りの大まかな流れ
田植期
(冬~春)
種籾選別(たねもみせんべつ)
育苗(いくびょう)
田起こし
田植え
育成期
(春~秋)
苗期
分わけ期
中干し(なかぼし)
収穫期
(秋)
収穫
稲架干し(はさぼし)
脱穀(だっこく)
籾摺り(もみすり)

田植期から収穫期まで終えると、お米が完成し、1年間の米作りの評価が、主人公サクナヒメのパラメーターに加算され、成長していく仕組みです。

米とサクナヒメの能力相関

お米の評価がサクナヒメの強さに加算される

米の評価サクナの強さ
体力
神気
運気
食力

作物の強さはサクナヒメの強さと関わりがあります。「量は命」、「味は力」、「硬は体力」、「香は神気」、「美は運気」、「粘は食力」とそれぞれ繋がっています。

品質の良いお米を作れば、サクナヒメはより強く、早く、成長します。鍛えたい能力があれば、相関するお米の強さが伸びる稲作を心がけましょう。

米作り解説

種籾選別

種籾選別をしている
冬の3週目に行う作業です。田植えに使う苗を種の時点で選別します。良い種籾と悪い種籾を選り分け、品質の良い稲作をスタートしましょう。

ストーリーを進めると「泥水選」や「塩水選」という選別方法が解放されます。

泥水選について

水の中に種籾と泥を入れてかき混ぜると、悪い種籾が浮き上がってきます。こうすることで品質の悪い種籾を取り除くことができます。

一緒に入れた琥珀が水面に浮きあがると、選別をやめる頃合いですが、好みの配分まで泥を入れて選別を行ってもいいです。

踏臼を使った種籾選別
▲琥珀が浮かんできたら止めるタイミング。泥の量が少ないとなかなか琥珀が浮かんできません。

泥を多く入れるほど種籾の品質は上がりますが、その代わり、種籾の数が減って収穫量は下がります。

泥の量で変わる品質と種籾の量
泥を半分いれて種籾選別した結果
泥を半分入れた時

・種籾は500→417
・品質は画像参照
泥を全部入れて種籾選別した結果
泥を全部入れた時

・種籾は500→295
・品質は画像参照

稲作会議で確認できる農書によると、「種籾選別は軽く行うのみにとどめる」のがおすすめの選別方法ですが、伸ばしたい能力次第ではその限りではありません。

育苗

育苗を始める
種籾選別のあとは育苗に入ります。種を直接畑に撒くのではなく、ある程度成長するまで室内で育てます。

育苗の撒き方は、厚撒き・薄撒きから選べます。

撒き方効果
厚撒き収穫量が上がるが、その他は下がる
薄撒き収穫量は下がるが、その他は上がる

最初は収穫量を上げるため「厚撒き」がおすすめですが、収穫量が増えたら「薄撒き」にして質を上げるのがおすすめです。

田起こし

田起こし
耕し率最高100%
石の除去率10/10
元肥の有無事前に肥料を与えたかどうか

これも冬の3週目に行う作業。

畑を耕して土を柔らかくする作業です。石が残ると稲が育ちにくくなるため、必ず石は取り除くこと。石を取り除くと石材を入手します。

耕し度について

サクナヒメの台詞からどの程度畑を耕したか分かります。

台詞耕し度
「ふう、流石にまだ十分とは言えんか…」25%
「そろそろ半分くらいか。もうよいのではないか」50%
「こんなもんじゃろ。あ~、疲れたわい」75%
「完璧じゃ!これ以上ない働きっぷりよ」95%

また、Lボタン(switch版)で耕し具合が確認できます。

田起こしの最中に耕し度を確認
明るい範囲が十分に耕した場所、暗い部分が不十分な場所です。

サクナヒメが扱える農技が増えると、農具のひと振りで耕せる範囲が増えたり、石を破壊可能になったりと、作業効率が上がっていきます。

元肥を忘れずに

肥溜めで肥料を作る
元肥とは田起こしの前に肥料を与えること。

家屋の横にある厠の肥を組んで、畑の横にある肥溜めに投じると、肥料が作れます。基盤となる素材により、葉肥、根肥、穂肥のパラメーターを伸ばすことができます。さらに追加素材を入れることで、様々な効果を付与できます。

田起こしの最中も、田んぼの外に出て肥料を撒くことができるので、忘れず元肥を撒いてください。

なお、肥料が完成するまで時間を要するので、前日のうちに肥溜めに素材を投じておきましょう。

田植え

田植えをしている

田植え
時期春(早植・普通)
植えた間隔疎植・標準・密植

育った苗を田んぼに植えていきます。春の何週目に植えたかで、作期が変わります。

植えた苗の間隔(密度)については、こちらで目安を確認できます。

育成

分けつ期の始まり
田植えのあと、間もなく、稲の本数が増えていく分けつ期に入り、次に水を抜く中干し、次に多くの水を必要とする時期に突入します。

3段階の水入れ・水抜き
分けつ期分けつの始まり。稲株から新たな芽が出て、土に根付く時期。田んぼの水は足首がつかる程度にすること。
中干し一度水を抜き、土を乾かす期間。中干しが遅れると「過剰生育」になって品質が低下する。
水入れ中干しの翌週は稲に多くの水を入れる。穂が出始め、収穫まで間もなく!

稲の状態に合わせた水の量が必要です。畑の端にある樋を開閉して、水量を調整しましょう。

樋を開けて水を入れる
▲畑の脇にある樋を開け閉めして、畑に水を引き入れます。畑の様子や、水量を見ながら調整しましょう。

肥料は夜に撒くと非効率

夜間は稲があまり育たないため、土の養分も変わりにくいそうです。稲は日の出から大きく育つため、起床と同時に肥料を撒く習慣を身に着けると、効率の良い育成に繋がります。

雑草や害虫に注意

畑にたくさんの雑草が生えている
雑草を野放しにすると害虫が寄ってきます。日頃から見かけしだい雑草を取り除くようにしましょう。もし害虫被害が出そうな時は、肥料に防虫効果のある素材を追加してください。

ただし、虫の中には稲に害を及ぼす他の虫を食べてくれる益虫もいます。クモ、タニシ、カエルを見かけたら、捕まえて田んぼに放つのがおすすめです。

収穫

収穫を始める
秋は収穫の時期になります。全ての稲を刈り取ります。収穫の前には水を抜いておくこと。

稲架干し

稲架干し
刈り取った稲の束を稲架(はさ)に干します。

干し終えたら、しばらくそのままにして乾かします。雨が降ると乾かないことがありますが、それでも、必ず冬になる前に取り込むこと。

脱穀

脱穀
乾いた稲を納屋へ取り込むと、次は脱穀です。稲から籾(もみ)を外す作業です。最初はこき箸を使って脱穀しますが、ストーリーが進むと、千歯こきが使用可能になります。

籾摺り

籾摺り
いよいよ最後の作業です。籾をついて殻を外し、米にします。たくさんつけばつくほど米が白くなっていきます。

籾摺りの精米歩合について
食事効果が高くなる




成長効果が高くなる
玄米
一分搗き
二分搗き
三分搗き
四分搗き
五分搗き
六分搗き
七分搗き
八分搗き
九分搗き
白米

米の状態が玄いほど食事で得られるパラメーター上昇効果が高くなり、白米に近いほどサクナヒメの強さ・成長効果が高くなります。

これにてお米作りは完了です。お疲れさまでした。短い冬を挟んで次のお米作りが始まります。

サクナヒメの能力を伸ばす稲作

冒頭で説明した通り、米作りの結果がサクナヒメの強さにプラスされます。

米の評価サクナの強さ
体力
神気
運気
食力

稲作のやり方次第で、特定の能力を伸びやすくすることができます。

実際どの程度、能力特化の稲作ができるのか、実際に「美」のステータスを伸ばす稲作をやってきたので、検証結果が知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

量を伸ばす

量を伸ばす
種籾選別は軽く行うのみに留める
・育苗は厚撒きにする
・田植えは密植を避けながら多く植える
・出穂までは穂肥を適量あたえる
盛夏に中干しを行う
・出穂後は葉肥を多く与え深水
・登熟後はなるべく乾かしてから刈り取る
・稲架干しは短すぎず長すぎず

味・粘・硬を伸ばす

味・粘・硬を伸ばす稲作
・種籾選別は厳しく選り分ける
・育苗は薄撒きで行う
・田植えは適度に疎植
・出穂までは穂肥を適量与える
・出穂後は葉肥はなるべく控え浅水
・収穫は乾いた日照時に行う
・精米は涼しい時間に行う

美を伸ばす

美を伸ばす稲作
元肥は与えない
・種籾選抜は泥水選で行う
・育苗は薄撒きにする
・田植えは適度に疎植
深水にし合鴨を放つ
・中干しは短く
・出穂から登熟までは水をかけ流し
収穫は早い時期に行う
・精米は涼しい時間に行う
玄米または白米にすること

香を伸ばす

香を伸ばす稲作
・種籾選別は厳しく選り分ける
・育苗は薄撒きで行う
・田植えは疎植にする
中干しの時以外は浅水で育てる
・なるべく高温になりすぎないように
収穫は早い時期に行う
玄米でとどめると最も香りが強い

米作りに影響する要素

米作りに影響するもの
畑の数収穫量(ストーリーが進むと増える)
気象傾向
気温
田起こし耕し率
石の除去率
元肥の有無
田植え時期
植えた間隔
種籾選別選別方法
水の比重
育苗種の撒き方
育成日照量
平均温度
平均水嵩
雑草による被害
害虫による被害
中干し
収穫時期
稲架干し稲の乾燥度
脱穀作業時刻
籾摺り作業時刻
精米歩合
土俵肥料が持つ土の養分
農技サクナヒメの技

サクナヒメの農技は、品質等には関係しませんが、農具が強力になるなど作業効率が上がる技です。お米作りまたはストーリー進行で開放されていきます。

畑に起こるトラブル

米の品質に関わるトラブルや病
お米完成後の結果画面で、稲の状態やかかった病を見ることができます。確認画面にはないトラブル・病もあります。

品質・状態を悪化させるもの
倒伏茎の弱さや強風で稲が倒れる
過剰生育稲が育ちすぎて養分不足になる
胴割米精米時に砕けてしまった米
徒長日照不足により茎が細くなる
高温障害土や水の温度が上がりすぎ稲が育ちにくくなる
しらた米未成熟で乳白色になった米
稲熱病カビからかかる病で品質が著しく落ちる
出すくみ養分不足などで穂が実りにくくなる
塩害種籾や稲が塩分を含みすぎて育ちにくくなる
縞葉枯病虫や雑草からかかる病で「徒長」「出すくみ」に繋がることも
煤病虫からかかる病で葉や穂が汚れ稲の育ちが悪くなる
坪枯虫からかかる病でまとまった数の稲を枯らし質も下げる
斑点米虫からかかる病で米に焦げたような跡ができ質を大きく下げる
馬鹿苗病カビからかかる種籾の病。田植え後に稲が枯れる

対策

  • 畑の雑草を抜く
  • 稲の状態にあった水嵩を保つ
  • 合鴨を放つ
  • 肥料の追加素材に「〇〇の妙薬」を入れる
  • 肥料の追加素材に、防病・防虫・防草効果を持つものを入れる

以上、米作りの攻略解説でした。

スポンサーリンク